京成小岩 青い鳥歯科クリニック

お知らせと歯についてのお役立ち情報

こんにちは京成小岩青い鳥歯科クリニック院長の齊藤正四郎です。
今日はインプラントのお話です。
以前インプラントの利点欠点について触れさせていただきました。しっかり診断したうえでインプラントを選択していただければとても良い治療法です。
しかし、インプラントは万能ではありません。インプラントにも向き不向きがあります。

さて本題ですが、インプラントも歯周病みたいなものになります。ただし、天然歯とは少し炎症に対する反応が違うようです。インプラントは天然歯と異なり、直接骨に埋め込まれます。(天然歯は歯と骨との間に歯根膜という結合組織が介在します)ここからより難しいお話になりますが、インプラント周囲粘膜(天然歯でいう歯肉)に炎症が起き、それが悪化すると骨と炎症粘膜の間は守る物が何もなくなってしまうという事です。これが原因か、天然歯の歯周病よりも進行が速いことが分かっております。
また、インプラントの骨に埋まっている部分は表面がザラザラしているので、一度汚れがついてしまうと汚れの除去はかなり難しくなってしまい炎症を消退させることがかなり困難になってしまいます。つまりインプラントの周囲の炎症はごく初期の段階で対応しないといけないということです。放置してしまい、インプラント体が露出してきてしまうともう治せないかもしれないのです。
あらかじめ歯周病は治して、なおかつ歯周病が再発しないようコントロールがなされてはじめてインプラントは選択できるのです。

もし「インプラントをやりたいんだけど歯周病が心配!」なんて方や、「以前インプラントを行ったんだけど、ずっとインプラントの部分を確認してもらってない!」なんて方は、まずはお気軽に京成小岩青い鳥歯科クリニックにご連絡ください。

今回はインプラントを行うなら、歯周病を治してかというお話でした。