京成小岩 青い鳥歯科クリニック

お知らせと歯についてのお役立ち情報

こんにちは、京成小岩青い鳥歯科クリニック院長の齊藤正四郎です。

最近歯周病を薬で治せますか?といった質問をいただきます。
大きな声で言うと怒られてしまうかもしれませんが、答えは薬だけで治すことはできません。
以前にも書きましたが歯周病は細菌感染による炎症です。この炎症の原因となる細菌に作用する抗生剤を服用することで一時的にこの炎症が抑えられます。そこに注目した治療法が歯周内科というカテゴリーです。
ジスロマックを代表とするアジスロマイシンという抗生剤を飲んで、抗真菌薬が含まれた歯磨き粉を使用する(間違っていたらごめんなさい)ことで歯周病菌を除菌しようというのが目的です。
なんとも簡単な治療法ですね!これで治るならやりたい!そんな声が聞こえてきそうですがちょっと考えてみてください。
確かにこれで除菌という目的は果たせるかもしれませんが、プラークは毎日たまりますよということを。プラークがたまればそれが熟成されまた除菌したはずの細菌が増殖します。なので、歯周内科を選択するのであれば歯磨きがしっかりできていないとあまり効果は得られないのではないかということです。(そもそも歯磨きがしっかりできるのであれば、歯周内科を選択しなくてもいいのではないか)←これは独り言です。
またジスロマックなどは副作用が少ないと言われていますが、体に良い作用をする細菌も殺してしまいます。体内環境を整える所謂善玉菌をも殺してしまいます。その結果下痢をしてしまったり、体調を崩したり。これも副作用です。
歯周病は薬に頼らなくても治る病気です。しかし、世の中薬に頼らないと治らない病気もあります。そうゆう病気になってしまったら薬に頼る、これが正しい薬の使い方なのではないでしょうか。
歯周内科は抗生剤に抵抗感がなく、しっかり歯磨きができる方であれば挑戦しても良い治療法かもしれませんね。というのが今回のお話でした。