京成小岩 青い鳥歯科クリニック

お知らせと歯についてのお役立ち情報

こんにちは京成小岩青い鳥歯科クリニック院長の齊藤正四郎です。
今回は歯周病のお話です。
歯周病というのは歯肉炎と歯周炎のことを指しています。歯肉炎というのは歯肉のみに炎症が限局しており、歯周炎というのは歯を支えている結合組織まで破壊(アタッチメントロス)が進んでいるものを言います。
上の話、とっても難しいですね。歯周炎にせよ歯肉炎にせよ、○○炎とついてますから炎症なのはわかると思います。重要なのは歯周病は炎症なんですよ、ということです。この炎症を消退させれば歯周病は治ります。
この炎症の原因を見ていきましょう。これは歯垢とかプラークと言われている汚れが原因なのです。プラークというのは細菌の塊です。この細菌の感染による炎症が歯周病ということです。
つまりプラークをしっかり取り除ければ歯周病は治ります。
しかし、毎日食事をとれば食べかすはプラークとなります。プラークは毎日供給されてしまうのです。
時々歯科医院に行って衛生士さんにクリーニングをしてもらっても歯周病は治りません。なぜか?ここまで読んでいただいた方ならわかるかと思います。毎日プラークが供給されてしまうからですよね。
毎日プラークがたまってしまう。どうすればいいでしょう?
そうです!歯ブラシを毎日しっかり行えばいいのです。
京成小岩青い鳥歯科クリニックでは歯周病治療を行ううえでブラッシングを最重要項目としています。歯周病治療の最初の一歩はブラッシング指導から。
歯周病は歯ブラシ次第、というのが今回のお話でした。