京成小岩 青い鳥歯科クリニック

お知らせと歯についてのお役立ち情報

これまでこのブログで、歯周病を治すには歯磨きがちゃんと出来ていないといけません、と何回かお伝えしてまいりました。
歯磨きをちゃんとやりなさい!と言われても、やっているわ!と返す方も多いかと思います。そうです、やってない方は少ないのです。ただし、やっているというのと出来ているというのは、意味がちがいますよね。日本の義務教育の中には歯磨き学なんてものはなく、教わってこなかった方が多いかと思います。最近は熱心な校医さんや教諭の皆さんのおかげで歯ブラシの正しいやり方を教わるお子さんも少しづつ増えてきているかと思いますが、まだまだ少ないかと思います。

さて歯周病を治す為の歯磨きの正しいやり方ですが、まずご自身の歯肉の現状を確認するところからはじまります。歯肉がピンク色なのか赤いのか紫ぽい赤なのか。歯肉が引き締まっているのか膨らんでいるのかブヨブヨしているのか。出血はあるのか。そのような項目をご自身でチェックできるようになることが大切です。チェック出来たらどれが異常なのかを見極めなければなりません。

以上のことをご自身でチェックすることは難しいかと思いますが、異常が分ればそこは磨けていないということです。
そしてその異常の多くは歯と歯の間にあることに気が付くかもしれません。歯と歯の間はどんなに頑張っても普通の歯ブラシでは綺麗にできません。もちろん爪楊枝でも綺麗にはできません。歯と歯の間は歯間ブラシでないと綺麗にできません。

さて、歯間ブラシが登場しましたね。歯間ブラシをやると歯茎が下がるからやらないで、と言われたという方も中にはいらっしゃるかもしれません。歯間ブラシをしないと歯周病は治せないと言ってもいいぐらいです。なので歯周病を治す、予防するのであれば歯間ブラシは必須となります。

歯周病の為の正しい歯磨きを文章のみでお伝えするのは限界がありますね。京成小岩青い鳥歯科クリニックにてもっと詳しく優しくお教えいたします。

今回はご自身の歯茎の状態をチェックすることと、歯間ブラシを行うことが大切ですよというお話でした。