京成小岩 青い鳥歯科クリニック

お知らせと歯についてのお役立ち情報

こんにちは、京成小岩青い鳥歯科クリニック院長の齊藤正四郎です。

まもなくオープンです!なんだかやることが多過ぎてついていけない状態に陥っていますが、なんとかします!

そんなこんなでなかなか更新出来ず現在にいたるわけです。申し訳ありません。

久しぶりの投稿は前回の続きになります。歯が抜けてしまって、そのままにしてはいけないと言われたものの、どうしたら良いのかわからないよ!そんな声が聞こえてきそうなところで前回は終了となってしまいました。今回はその後出来うる3つの処置について説明させていただきます。

一つはブリッジです。橋です。歯がなくなってしまった所の前後の歯を橋桁にして、橋を渡すイメージです。こんな感じです↓

これの利点は固定してしまうので、ご自身の歯のように噛むことができ、違和感が少なく使用できるところです。欠点は歯をしっかり削ること、橋桁の歯が無くなった所も補わないといけないところです。またお手入れも少し難しいです。簡単に言うと、歯へのダメージ大です。

2つ目は義歯です。所謂入れ歯です。取り外し式のものです。こんなに感じです↓

利点は歯をほとんど削る必要がありません。また、隣合う歯に頼るだけでなく歯肉に頼るので、ブリッジほど支える歯には力がかかりません。また、取り外して洗えるのでお手入れも簡単です。歯へのダメージは少なそうですね。

最後にインプラントです。これは人工の歯根を埋め込んで、それを土台にして被せるというものです。こんな感じです↓

インプラントはブリッジと義歯の利点を合わせ持ったものになります。まず半固定式(患者さんは外せません)でご自身の歯のように噛むことができ、違和感が少ないです。また、隣合う歯を削ったりはしません。他の歯が力を補う必要もありません。歯へのダメージは少ないですね。欠点は外科処置が必要なこと、治療期間が長いこと(半年から一年くらいかかることもあります)、保険外診療ということです。

一気に3つの処置について説明させていただきました。どの処置も歯周病があると予後が悪くなります。歯周病のコントロールはもちろんさせていただきます。

ご自身に合った治療法を選択していただけたら幸いです。

今回はブリッジ、入れ歯、インプラントのお話でした。もっと詳しく知りたいよという方は、京成小岩青い鳥歯科クリニックにてご説明させていただきます。お気軽にお申し付けください。