京成小岩駅徒歩3分の歯医者さん
虫歯治療から一般歯科・矯正歯科・小児歯科・予防歯科まで

電話でのお問い合わせ・ご予約

03-3657-6396

           

こんにちは京成小岩青い鳥歯科クリニック院長の齊藤です。

11月17日、18日と大阪で行われた研修会に行ってきました。

17日はお休みをいただきました。皆様にはご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。

さて大阪で行われた研修会ですがPeriodontal Plastic Surgery…
直訳すると歯周形成外科手術…。
歯周形成外科…難しい言葉ですね。
簡単に言うと、歯肉の健康や美しさを得るために行う外科手術です。
ざっくりしてますね…歯肉を増やしてあげたり、歯肉の形を良くしたりするための手術と言った方が分かりやすいですかね。
全部で四日間のコースになります。12月15日、16日にも参加してきます。

 

一日目は概要の説明があり、その後切開や縫合の講義、縫合の練習を行ってきました。
縫合って練習するの?なんて言われてしまうかもしれませんが、縫合が下手だと術後に問題が起きます。縫合一つで成否が決まってしまうことがあります。特に審美面での違いが大きいです。
先ほども書きましたが、歯肉の形を良くすることも目的の一つですので縫合の上手い下手で術後の綺麗さに大きな違いが出てしまいます。
なので縫合をルーペを用い練習してきました。普段の抜歯などでも縫合を行いますが、それよりも断然細い縫合糸を歯周形成外科手術では用います。ルーぺ無しではよく見えません。普通の器具ではうまくつかむこともできません。

ここで感じたのは、自分はまだまだ成長の余地があるぞ!という事でした。
そして練習が足りないぞ!という事でした。
皆様に技術を提供できるよう日々鍛錬が必要ですね。
幸いにも当院にはマイクロスコープもありますので沢山練習したいと思います。

今回は歯周形成外科についてと、先端技術には日々の鍛錬が必要というお話をさせていただきました。
早朝や夜遅く当院に明かりが灯っていたら、練習している私が覗けるかもしれませんねw